九州特急横断

九州特急横断

2022-05-26

タイミング的には九州入りしてから3日目の朝、
そそくさと佐世保駅でシーサイドライナーを待つ。

ボックスが1両に1箇所しかないのはさびしい
朝のテンボス

普通の人は長崎〜佐世保の移動に鉄道は使わないんだろうなあと思いつつ
夜と朝できっちり往復して再び長崎へ。

少し時間を潰してから[1]新駅舎から電停が微妙に遠い……白いかもめに乗り換え。

良く見ると元ソニック編成
朝ご飯の長崎バーガーこと角煮まんじゅう
長崎といえば、岩崎本舗の長崎角煮まんじゅう!ふわっとした生地にとろけるような角煮を挟み込んだ角煮まんじゅうは、長崎土産やご贈答品として全国の皆様にご愛顧いただい…
0806.jp

このあたりの空間が九州特急は本当に良いけど、やっぱり最後発の885が素の完成度は一番高いと思う。

大カーブを振り子に揺られながら通過していく。

 

かくして博多駅1番ホームに到着して、白いかもめ乗り納めの余韻に浸る──とかはなく、すぐに向かいの2番ホームへ乗り換え。

このクールでメタルメタルしい感じも好き。

日豊本線は長崎本線よりカッ飛ばす=酔いやすいので、予め長崎駅で確保しておいた鯨カツ駅弁を早めに食べる。

ここまで移動して食べて移動して食べて移動して食べて……しかしてないね。

遠くを眺めながらまったりしつつも、終点の1つ手前・温泉で有名な別府で下車。

References
1 新駅舎から電停が微妙に遠い……