緋燕白昼夢

まさか歌まであると思わないじゃん

今頃になって『銀魂 THE FINAL』観てきました。さすがに劇場もガラガラだった。

アニメ15周年だそうで、何はなくとも原作に続いて完結までアニメとして走り抜けたこと自体がまず価値があるし
解ってても変な笑いが出そうになる悪ノリとか、アニメの雰囲気も最後まで変わらなかったのが良かった。山ちゃんも最後は……だし。

原作もアニメも、終盤の展開をあんまりちゃんとは追えてない状態だったものの
割とガッツリ配慮があったおかげでストーリーはすんなり入ってきた、というか
全体のシチュエーションとしてはかなりシンプルな状況だったので、
ひたすらセリフと演出を楽しめた感じ。

ただ銀時と高杉の因縁の流れを把握しきらないままで観に来ちゃったのは
ちょっと(かなり?)もったいなかったのでは? という気もしたので
そこらへんは追々原作読んで補完したい。
いつになるかわかんないけど……

コメントをどうぞ:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です