緋燕白昼夢

ライブ感

自認として、基本的にアイドルオタク気質は薄いので
ライブでのコールとかオタ芸というのにも馴染まないんですが
いわゆる合いの手ってのは大好きなんですよ。
アーティスト発信で、観客が声を出すことを想定されてるところで叫ぶやつですね

でまあ、去年はライブもほぼ全滅か、どうにか無観客で配信だけみたいなのばっかりだったのが
ぼちぼち現地に行ける機会もちらほら増えてきて、ありがたいと素直に喜びたい——んですけど。
レギュレーションとして声出しNGってのがどうしても引っかかってしまい。
自分本意な気分としては

「叫べないライブに行く気がしない」

という感じなわけです。

ありがたいことに、気になるライブが配信やってくれるのも当たり前になったので
家でそれを楽しめるのは(気兼ねなく声も出せるし)大変ありがたいんですが……
どこか後ろめたさのようなものもあり、
単なる抽選漏れで現地に行けないのよりも、もどかしさが拭えない今日この頃

いっそクラシックやオーケストラのコンサートなら、現地に行けさえすれば心穏やかに鑑賞できるんだろうか。
そうでもないんだろうか。

コメントをどうぞ:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です